若さってなんだ・・・

ユウジと申します。日常思ったことからメモ書き、ちょっとしたお役立ちまで、いろいろ綴りたいと思います。よかったら見てってください。

「多動力」を読んだ感想など

こんばんは。 

 

今回は書評になります。

たった今読み終えたのですが、堀江貴文さんの「多動力」という本です。

 

▪️いくつか著書があるけど、どうなの?

同著者の他の本を読んだ方であればお分かりになると思いますが、いくつか重複する表現がでてきます。それってどうなの?とマイナスに聞こえるかもしれません。

でもこれ・・・大事な事だからだと思うんです。

 

特に「常識に縛られないこと」「仕事を楽しむ」であったり「熱中する(ハマる)」といったものは「多動力」以外でも登場すると思いますが、これこそ重要な事であり、身についている人が少ないからなんだと思います。

当然ながら、「多動力」独自の表現・言い回しも登場しますよ。

 

▪️大事な会議でスマホをいじる勇気をもて!?

誤解しかねない表現かもしれませんが、決してあなたの会社の会議中にスマホをいじりなさいと言っているのではありません。「参加する必要のない会議などに出席して無意味な(他人の時間)を生きるくらいなら、スマホで情報収集するなど(自分の時間)を生きた方が効率的であるので、あえて会議でスマホをいじる勇気をもってほしい。」というものです。おっしゃる通りであり、私にも当てはまることなので、参考にさせていただきます。

 

▪️リズムが大事

著者は多くの仕事をこなすのに必要なのは、速度ではなく「リズム」であると言っています。これ、結構経験がある人多いと思いますが、リズムにノッて書類などを作って捗っている時に限って電話をとらなければいけなかったり、呼び出されたりしてリズムが狂ってしまう。そして、戻って(または電話が終わって)みるとなんだかうまく進まなかったり。。。私は上記のようなことが頻繁にあるので、とてもよく共感できます。リズムを崩されないように何かしら防衛したいものです。

 

ここまでいくつか抜粋して紹介させていただきましたが、堀江さんの他の本を読んだ方はもちろんのこと、次はなんの本を読もうかしら?と思っている方や自分を奮い立たせたいと思っている方にオススメします!

難しい表現もなく読みやすい、故に理解しやすいです。

 

ぜひ、一度読んでください!

 

 

Kindle版もあるので、個人的にはこらがオススメです!